2人目妊娠中の体重管理法:上の子と自分の食事を足して大人一人分

私が妊娠中の体重増加に気をつけていたことは、食事の量です。

私の体重増加の目標は10キロ以内でした。

2人目を妊娠中、私の通院している産院では、毎回診察で体重増減の意識付けをされます。

しかし、あまり食べない3歳の上の子の食事の残りを勿体ないのと片付けが楽になるという理由で、毎回「1.5人分食べる」という妊娠中期を送っていました。

案の定、先生からは体重増加に苦言が入りました。
「産道に脂肪が付くと難産になるよ」と。
予定より4キロオーバーです。
マイペースな私ですら、安産でも辛い陣痛がさらに辛いものになるのは、さすがに恐ろしくなりました。

 

先生からのアドバイスは、簡単なものです。
上の子の食事を別に用意せず、大人一人分から取り分けてあげ、自分の食べ過ぎを防ぐ方法です。

 

どうしても間食をしたくなったら、刺身こんにゃくを食べました。(自己判断)

マイペースな妊娠中から一変する食事制限ですが、難産になるかもしれないと言われれば、初めての陣痛経験が蘇り、自然と意識が変わるものです。

妊娠期間の十月十日、最後には帳尻合わせができ、とりあえず安堵した覚えがあります。

 
そして、分娩時間は1人目の4分の1以下でした。先生のおかげでスーパー安産でした。

この食事制限はありです。

 

ベルタマザークリーム 口コミ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です